workshop ×(株) CHANEL japan 代表取締役 Richard Collasse#1

「モデルとファッションは密接な関係にある。すなわちCHANELにとっても身近な存在である。
しかし、今日私が話したいことは”ファッション”についてではない。”人生に対する向き合い方”である。これからどうやって生きるのか、どんな道を歩むのか。その手伝いをしたいんだ。」
CHANEL GINZA
で行われた今回のworkshop。そこに介した100人を超える日本人モデルを前に、コラス氏は柔らかい語り口調で話し始める。
「自分の考え方を信じ、生きた女性ココ・シャネル。彼女のスピリットを今みんなに伝えたい。」

. 頑張らない日本人

workshop
はこんな厳しい言葉から始まった。「今の日本人は味気ない。」コラス氏が初めて来日したという40年前。日本は生き生きとした人間で溢れていたのだという。自分のため・国のため・家族のため、人々はとにかく懸命に生きていた。「あの頃私は、ハングリーに生きる多くの若者と出会った。そ
して彼らには共通して圧倒的なオーラが在ったものである。彼らの目に宿る輝きはあまりにも素晴らしいものだった。

何かを起こそう・生み出そうとそれぞれの夢に向かってとにかく頑張っていたものだ。」
(補足ではあるが、その若者たちの何人かは日本を代表する企業の創設者としても有名であり、この国を牽引してきた偉大なる人物たちだ。)

では、今の日本人はどうであろうか?「全然頑張っていない。」それがコラス氏の答えである。40年前の日本と今の日本。その大きな違いのひとつはやはり情報のグローバル化であろう。インターネットや各メディアを通し、欲しい情報は瞬時に手に入る便利な世の中であることは当たり前になった。しかしコラス氏は指摘する。
「今の日本人。とりわけ多くの若者は、この国から出ない上に挑戦もしない。しかし島国である日本の人間は、とにかく外に出て”世界”を知るべきだ。他人の情報ではなく、自分自身で物事を追求しなければならないのである。それなのに何故、外に出る努力をしないんだ?」

頑張らない日本人が多いことは事実である。多くの若者が、冒険よりも”安定”を・勉強よりも”楽”を選ぶ。「特に今の日本の男はどうしようもないですよ。・・こんにゃく?・・いや、柔らかいお豆腐と同等だ(苦笑)テレビは見るけど外には出ない。ゲームはするけど旅をしない。何をするにも面倒だと口を揃えて言う。そんなの、男のあるべく姿じゃないだろう!」
時代が変化するにつれ、大切なことを忘れてしまった日本人。かつての若者に在った目の輝きはどこに消えてしまったのであろうか。

. 魅力が無い日本人モデル

では日本人モデルにはこの数十年間でどのような変化があったのだろうか。コラス氏は30年前のパリコレについて話してくれた。
「当時のランウェイは日本人モデルで溢れていた。彼女たちはたとえその国の言語を習得していなくとも、とりあえず日本を出て1年でも2年でもパリやニューヨーク、ミラノに挑戦していた。圧倒的にハングリーでしたよ。」
ところが今のコレクションは・・
「ランウェイに登場するアジア人モデルのほとんどが、中国人か韓国人であることが事実である。つまり日本人モデルが世界に挑戦していないんだ。」

これはコレクションモデルに限らない。多くの日本人モデルに元気がない事実は、こんなエピソードにも顕著に表れているのである。(動画「オーラがない日本人モデル」)

コラス氏は、他のアジア人モデルにあって日本人モデルに無いものを、自身が放つ「オーラ」であると言った。”オーラ”はフランス語で”allure”。この”allure”という単語には”魅力”や”魅力的”というニュアンスも含まれているという。つまるところ、今の日本人モデルには”魅力がない”ということだ。
魅力が無い日本人モデル・・。悲しい現実を突きつけられたのである。
「今ここにいるモデルの皆さんは、すでに自然から授かった外面の美しさがある人たちである。それはとてもラッキーなこと。大切にしなさい。しかしこれからあなたたちは、外面の美しさだけではなくて内面から”美”が溢れる女性にならなければならないことを知りなさい。」

心の内側に在る美しさが体の外側に現れた時、初めて女性は「オーラ」を身に纏うのかもしれない。


3.最強のオーラの持ち主は女性の味方!

最強の「オーラ」を身に纏った一人の女性がいる。CHANEL創業者、ココシャネルである。
彼女と実際に仕事をした人は口を揃えて「とんでもないオーラの持ち主だった」と言うそうだ。コラス氏も言う。「私は直接彼女に会ったことはありません。しかしいつもいつでも心の中にココシャネルを感じています。100年経った今尚も彼女の影響力は計り知れない・・。それって凄いことだと思いませんか?」

今でこそ女性の立場を尊重する考え方が広がり、男女が”平等”で在るべき世の中であることが当たり前になった。すなわち、女性だから出来ない!女性だから許されない!女性だからこうあるべきだ!そんな考え方は古くなった。
女性だって男性と同じように働くし、挑戦するし、夢を持つ。もしかしたら男性から見ると、女性を「脅威」に感じるかもしれない。それくらい今、自立をしたパワフルな女性が増えていることは周知の事実だ。(女性の大きな知恵と経験がより男性を頼りなくし、結果、消極的な男性が増え、ついには「こんにゃく男」や「お豆腐男」が誕生してしまっているのかもしれない!)・・いずれにせよ、時代が変わったことに違いはない。

女性は”自由”である。ではご存知だろうか?女性の”自由”に対して一役買っている人物こそ、ココシャネ
ルだということを。「彼女が時代を変えた。女性の”自由”を”ファッション”という観点から解放したのです。」